顎関節症の治療を歯科医院で受けました。

僕は生まれつき、顎の骨が少し小さいようで、口の噛み合わせが昔からあまり良くありません。評判の歯医者を東成区で探すとどうしてもそのせいで年に何回か顎関節症になってしまいます。一度、顎関節症の症状が出ると口を大きく開ける事ができなくなり、食事も満足に取れない状態になります。セラミックなら話題の芦屋で探すとこの顎関節症の症状が出てしまいました。しかもいつもなら顎関節症の痛みは1週間もすれば自然と治るのですが、今回は1ヶ月経っても全然、良くなる気配がなかったのです。仕方なく、僕は近所の歯科医院に行き、治療を受ける事にしました。こんなに早く小児矯正を探すなら神戸が初診の時はレントゲンを撮ってもらい、顎のかみ合わせの状態を確認します。そして上下の歯形を取り、顎の関節のかみ合わせを矯正するためにマウスピースを作る事になったのです。歯形を取り、マウスピースは約一週間ほどで出来上がって来ました。そのマウスピースは夜、寝る時に装着するようにと歯科医院の先生の指示を受けました。今里の歯医者では人気の東成区でこんな僕は先生の指示とおり、夜、寝ている間はずっとマウスピースを装着していました。けれども一週間経っても顎関節症はあまり良くなりません。すると次の診察の時、歯科医院の先生はマウスピースは夜、寝る時だけではなく、昼間もなるべく装着しているようにとの指示をして来ました。もちろん、顎関節症を治すために僕は先生の指示に従いました。するとその一週間後にはそれまで全く症状が改善されなかった顎の痛みが嘘のように改善したのです。それはマウスピースを装着する事で顎のかみ合わせが改善され、評判の今里のあの歯医者は東成区でも結果として顎関節症の症状が和らいだようです。歯科医院の先生の話によると顎関節症は再発する事が多いので、マウスピースはこれからも装着する事、そして歯科医院への通院は定期的にした方が良いとの事です。僕は顎関節症を再発させたくはなかったので、今も担当医の指示通り、マウスピースを装着しています。