困難な埋没親知らずの抜歯も評判の歯科医院で無事完了

半年前から始まった左上奥の歯の痛みは次第に酷さを増し、頻繁に頭痛さえ引き起こす様になってしまいました。広く口コミを東京では審美歯科が舌で触ってみると該当の歯の更に奥の歯肉が大きく腫れており、最初のうちは歯磨きで付いた傷に細菌でも入ったのかと思っていました。いずれにせよ痛みが我慢出来なくなり、代々木や千駄ヶ谷で歯医者を口コミすると近隣にある評判の高い歯科医院で診てもらう事にしました。短時間の問診の後、歯の視診とレントゲン撮影を立て続けに行い、ようやくその原因が分かりました。その原因は何と親知らずでした。左上奥の親知らずが歯肉を突き破らず斜めの方向に成長し、その前にあった奥歯に先端が完全に当たってしまい、グイグイと圧迫していたのです。東京の話題のおすすめする歯医者とはこの症状や痛みを解消するには歯肉の下に埋もれ、完全に斜めに生えてしまっている親知らずを抜くより方法はありませんでした。更にCT画像を撮影し検討した結果、完全に埋もれているとは言えかなり浅い所まで親知らずが出てきている事、また歯根の形状が比較的素直だった事から、本格的な手術では無く、歯肉を切開の後親知らずの先端部分を切断し抜歯する、という治療法で解決を図る事となりました。根管治療なら東京の医院が口コミでは良いと最初はかなり大掛かりな施術を想定しカチカチに身構えていたのですが、さすが評判高い歯科医院という事もあり、麻酔も思ったよりも痛くは無く、時間こそ掛かりましたが施術の最後まで何とか耐える事が出来ました。傷跡縫合や止血もスムーズに進み、評判の歯医者をちょっと東成区で話題をそこからの回復はさすがに遅かったのですが、1ヶ月以内に傷口も完全に塞がり、頭痛も消え、ビックリするほど口が楽になったのでした。