奥歯が痛くて歯科医院に。

奥歯が、痛くなり歯科医院にいきました。歯医者を話題の芦屋で探すとなるとはとても初診とこともあってと思いますが、最初はレントゲンから撮りました。口全体のレントゲンを撮り終わるとそのレントゲンを見ながら診察をし、先生から説明がありました。痛いから早く治療してと思いながらも説明に入ります。東京でも根管治療をするならここからがここでビックリの「おやしらず」が出てきたのです。しかも横須賀向きに生えていてここで抜く事ができないとの事を言われて大学病院の歯科医院を紹介してくれました。こんな風に紹介されて歯科医院を受診する事は、初めてで怖さが増してきます。先生もその事を察知したのか「大丈夫ですか?」と優しく声をかけてくれました。代々木や千駄ヶ谷で歯医者の審美歯科は「はい」と答えたものの内心ドキドキです。おやしらずを抜き終わったらまた来院してくださいと言われ、痛み止めを貰って診察終了です。早くこの恐怖感と痛さをなくしたくて次の日に紹介してもらった大学病院の歯科医院にいきました。すぐに治療に入るのかと思いきや、今日は治療するための予約とまさかの採血やその他の診断です。えっ!?おやしらず抜くのにそんな大がかりなのかとまた怖くなってきました。人気の根管治療では東京のどこが良いところが治療の日を決めると予約がいっぱいで1週間先になり、また1週間不安や怖さが続きます。怖さのあまりか痛みもなくなってきたような気がします。もうこのまま行かなくてもいいのでは?と思いましたが…せっかくここまでしたのだから行かなくてはと思い込ませついに治療の日です。この評判の審美歯科が東京でえらぶと麻酔をかけられ怖くなってきたので先生に全身麻酔して下さいとお願いしたのですがダメでした。大丈夫なので痛みがあったら手をあげてくださいね、と歯科助手さんに言われ治療が始まっていきます。怖くてずっと目をつぶっていましたが途中で少し痛みが感じ手をあげると麻酔を追加しますね。と言われました。早く終わってと思いながらも治療の音も響いてきます。ようやく終わると約一時間近くもかかってたみたいでびっくりです。これで終わりと思いきや、抜糸もあるみたいでまた後日行かなくてはいけません。家に帰ると完璧に麻酔がきれたのか物凄く痛みがきます。すぐに痛み止めを飲んで対応しますが当然すぐに効くわけでなく痛みと戦いが始まりました。次の日は、痛みなく違和感があるだけで普通の生活に戻れるようになり「ホッ」としました。おやしらずは本当に嫌だと思いました。