親知らずを抜く手術と治療

わたしはめったに虫歯になることがなく、歯医者に行くこともめったにないのですが、親知らずの治療で通院したことがあります。あんな歯医者を文京区での評判はここがどこで親知らずが変な方向に生えていてとても痛かったため、全て取ることにしました。(いっぺんに抜くことは不可能なので、一年に一本ずつ抜きました。全部抜き終わったのは四年後です)上の親知らずは比較的簡単に抜くことが出来ました。が、下の親知らずを抜く作業はとにかく大変でした。東京のおすすめする歯医者ならこんなにも歯が完全に生えきっておらず、顔をのぞかせていたのが少しだけだったので、まずは麻酔をして周辺の皮膚を切って歯を器具で掴みやすくします。そして、歯を思いきり引っ張るのですが、それもちょっと難しかったのか、歯を砕いて少しずつ取っていくことにしました。この東京の矯正歯科なら話題はここしかないとも麻酔が効いている間は大丈夫でしたが、手術に時間がかかっているので、麻酔が少しずつ切れてきます。手を挙げて先生に知らせ、また麻酔を入れてもらいます。注射なので、それがまた痛い。歯を砕き、ちょっとずつ抜いていきます。一時間くらいかかったでしょうか。歯を四分割に砕き、巨大なペンチのようなもので引っ張り、ようやく全て抜くことが出来ました。この根管治療では東京の評判の専門医院がもう手術が長時間で痛かったけど、親知らずを抜いた後の解放感がすごかったです(笑)。口の中がすっきりした感じ。でも、やっぱり口の中を切ったので、熱を持って鈍い痛みがしばらく続きます。その日は家でずっと寝ていました。親知らずが深かったので、歯を抜いた後にぽっかり穴が開き、それが塞がるのに半年ほど掛かりました。芦屋で評判の根管治療を探すとこんなにアフターフォローの治療のため、通院も少し大変でしたけど、親知らずを全部抜いて良かったと思います。