歯科医院で親知らずを抜歯

20代前半に入り、評判の歯医者は東成区でも今里ではどうしても私の口内に問題が発生しました。それは、今まで生えていなかった、親知らずが2本生えてきたことです。この親知らずは、左右の上に1本ずつ生えており、奥歯の横に生えていたため、歯磨きを行いにくかったです。また、虫歯リスクが高いということを聞いていたので、この評判の審美歯科では東京からどうしても不安を感じた私は、早速、歯科医院を受診することにしました。受診した結果、親知らずは、「必ず抜く必要はない」とのことでした。しかし、前述したように、虫歯リスクが高いことや、口臭の原因になるという説明を受けました。私は、虫歯になりたくなかったので、2本の親知らずを抜くことを決意し、まず、あんな歯医者を文京区での評判はここからしても1本目を抜いてもらうことにしました。幸いなことに、私の親知らずは、真っすぐ生えていたので、容易に抜くことができました。しかし、親知らずを無理矢理抜いているので、抜歯後は、頬が腫れてしまいました。また、頬が腫れた後、首のリンパが腫れ、熱を出してしまいました。親知らずを抜くことが、こんなに大変だとは知らなかったので、2本目を抜くか、この時、少し悩みました。東成区でも話題の今里の歯医者はこんなからは悩んだ理由としては、歯科で親知らずの治療を進めている時に、仕事が多忙で、体調を崩すわけにはいけない状況だったのです。そこで一旦、親知らずの治療を保留し、経過観察してみることにしました。この間、私は、歯科から購入していた親知らずを磨くための、専用のブラシを使用していました。しかし、親知らずに残った歯垢を完全に落とすことができませんでした。親知らずのことが気になった私は、仕事が落ち着いてきた段階で、再度、歯科受診をして、無事に2本目も抜くことができました。それまで、この芦屋で話題の歯医者の矯正を頼むにはもう絶対親知らずがあることで、虫歯や口臭を気にしていて生活してきましたが、抜くことができて、今は気持ちよく生活できています。