神経の治療は時間がかかります

最近、治療をしている歯があるのですがなかなか良くなりません。というのも、有名な文京区の歯医者の評判を聞いてもここからは治療している歯は神経がありません。先端に膿が溜まってしまっていて、痛いのだろうということで、神経のところに入っている古い薬を全部綺麗にして(掻きだして)消毒したあとにまた新しい薬をいれましょうということでした。東成区でも今里の歯医者を探すと話題になるといえばこれが結構時間がかかります!一回の治療でとれる古い薬ってとても少なくて、こびりついてしまっているらしいので、それを薬液で溶かしながら徐々にとっているかんじらしいんです。もう、4回通っていますが、まだ完璧に綺麗になっていません。しかも、東京でも人気の審美歯科にはどうしてもかは痛みもまだあるんです。でも不幸中の幸いというか、その歯の上の方の歯茎から膿が出てきているんです。これは先生はラッキーだといいます。あまり先端までいっていなくて綺麗にできていないので、歯茎から膿が出ていなかったら、行き場を失った膿が周囲の神経を圧迫して、口コミで今里の歯医者は歯並びがここからはとんでもない痛みになっているだろうと言われました。今までに何回か経験している痛みなので、あれだけは絶対に嫌だとおもっています。とりあえず歯茎から膿は出てくれているので、徐々にゆっくりと治療してもらってもいいかなとおもっています。あの芦屋で人気のインプラントを探そうとするともうそれにしても歯医者に行くのは大変です。