セラミックで銀歯から白い歯へ

小さい頃から虫歯の多かった私は永久歯が生えた後からも虫歯になりやすく、奥歯はほとんど銀歯になっていました。子供の出産を終え、あの歯医者を口コミの東成区で探してみるともっと久々に歯の検診に行ったところ治療したはずの銀歯数本の下に虫歯があることが判明しました。先生からは「一度銀歯をとって、治療し、かぶせをつけましょう。かぶせは保険外にはなりますがセラミックがおすすめです。」この歯並びで今里の歯医者がとてもすごいと言われました。よく説明を聞くと、銀歯は年数が経つと外側から金属がそってきて浮きやすく、その浮いた部分に食事のカスなどがたまり、中が虫歯になりやすいので、銀歯にする際には4,5年を目処に交換した方がいいとのことでした。評判の小児矯正を探すなら神戸がもっとも一方セラミックは非常に硬く、一度はめると浮くことはないので、永久的につけられるし、見た目も綺麗と言われました。ただ銀歯は保険が適用されますが、セラミックは私の行っている歯医者では1本5万円近くするため非常に悩みました。しかも何度も治療するのが嫌だったし、今里で話題の歯医者は東成区で探してもここには口を開けた時に銀歯が多いのも気になっていたので、思い切って全てセラミックにすることにすることにしました。合計で4本セラミックにしてなかなかの出費でしたが、見た目が本物の歯のような感じで非常に綺麗な白い歯になり、評判の歯科医院の芦屋でセラミックはすごい大きな口を開けて笑っても銀歯が見える心配がなくなったので、とても満足しています。